1. ヒアルロン酸 注入・注射 TOP
  2. 東京都
  3. 千代田区
  4. 有楽町高野美容クリニック

有楽町高野美容クリニック

東京都千代田区

  • 住所
    〒100-0006
    東京都千代田区有楽町1-6-3
    日比谷頴川ビル3F
  • 診療時間
    平日 午前11時~午後8時(受付 午後7:30まで)
    土日祝 午前10時~午後6時(受付 午後5:30まで)
  • 電話
    03-6206-1548
    受付時間:平日 午前11時~午後8時(受付 午後7:30まで)
    土日祝 午前10時~午後6時(受付 午後5:30まで)
  • HP
    http://www.takano-beauty.jp/

取扱ヒアルロン酸注入材

  • ジュビダーム
  • レスチレン
  • サージダーム
  • プリベール
  • ピュラジェン
  • エセリス
  • テオシアル
  • マクロレーン
  • その他

ブログ

オリジナルのブログはこちら

二重における睫毛の意味

17.06.23

二重の人は睫毛の付け根が見えています。それに対し一重の人は睫毛の付け根が皮膚で覆いかくされています。それ故に睫毛が下を向いてしまいます。以前にも書きましたが、睫毛の付け根が隠れた状態での二重というのは、基本的にありえなくて不自然です。いかにも作り物の感じがします。こういう場合は余剰の皮膚を切除する必要があります。こうすると、下向きの睫毛を上向きに変えることができ自然な二重を作ることができます。二重詳細ページはこちら

二重 切開と埋没

17.06.20

私は切開の手術をする方が圧倒的に多いです。埋没法が優れているのは、基本的に元に戻すことができる点だと思っています。あと、安価であること。それ以外は切開法の方が優れていると思っています。部分切開であれば腫れない、中に異物を残さない。埋没は溶けないナイロンの糸が残ります。元に戻ってやり直せば糸はどんどんたまっていきます。全切開であれば睫毛の根元をきれいに出せる。麻酔の注射においても、切開は目を閉じていて皮膚側に注射しますが、埋没は瞼をひっくり返して結膜側にも注射します。埋没の糸はどうしても結膜から出て、目の表面...

全切開による二重手術 眼窩隔膜の意味

17.06.19

昨日眼窩隔膜を使うという話をしました。眼窩隔膜(隔膜)は眼輪筋の下にあって眼窩脂肪という目の周りにある脂肪を膜の中に入れています。この膜は最後に眼瞼挙筋という瞼を持ち上げる筋肉につながっています。ちょっと難しい話かな?この膜を切開して下におろしてまぶたを切開した場所に縫い付けておくと、まぶたを持ち上げる(すなわち目が開く)時、眼瞼挙筋に連動して隔膜も引っ張られるので縫いつけた部分も中に引き込まれていき、皮膚の折れ重なり、すなわち二重ができるのです。こういう手術をするとくいこみが強くならない、ごく自然な折れ込...

二重手術後の食い込みの強さ

17.06.18

他院で全切開で手術をされて「二重の食い込みが強すぎる」という訴えをされる患者さんがたまにいます。二重は皮膚の折れ込なので、目を開けた時折れるラインで中に引き込まれていく必要があるわけですが、これが強すぎるという訴えです。手術のやり方は医者によって多少の違いはあるわけですが、患者さんの不満は解消するべきです。こういう患者さんの修正手術をすると、たいてい皮膚の傷跡はあまりきれいではなく、皮下に瘢痕(傷跡の塊みたいなもの)がガッチリあります。瘢痕で強く癒着しているのです。これでは腫れが強いはずです。私の手術は眼窩...

腫れが少ない部分切開による二重手術

17.06.17

最近だいぶ部分切開なる言葉が浸透してきたように思います。部分切開を希望してくる患者さんが多くなりました。部分切開は埋没よりはるかに腫れが少ないということが浸透してきたか?腫れは本当に少ないです。大体3日で腫れがひくと患者さんは言います。腫れが少なく、特に中切開は元に戻りづらい。埋没のように瞼の裏側に注射する必要がなく、まぶたの中に糸が残存することもない。何回も埋没をしている人はたくさんの糸が残ってしまいます。部分切開はこのようなことがないとてもシンプルでとても良い方法です。部分切開詳細ページはこちら

頬のたるみに対するリフト

17.06.17

加齢現象は誰にでも起こります。頬、口元のたるみを気にされる方は多いです。しかし、皆さんダウンタイムということを気にされます。いかにダウンタイムを少なくして効果的なリフトアップはできないかと試行錯誤しています。そこで今やっているのが「トータルリフト」というものです。棘のようなものがついている糸を使います。これを頬の側面に入れて口元のたるみを引き上げます。また別の糸を鼻の横から耳の方に横方向に入れることによって、頬を高くします。これに口元に細かい糸を入れることでさらに引き締めを図ります。この3種類の糸を組み合わ...

二重の手術における眉毛の意味

17.06.16

一重の人は基本的に無意識に眉毛を挙上している場合が多いです。目を開けるときに眉毛も一緒に上に上がります。気づいている人もいますが、多くは無意識です。これは上眼瞼縁にかかってくる皮膚を無意識に上に持ち上げているからです。二重の場合はこの皮膚が二重の中に折りこまれてしまうので皮膚が邪魔にならないのです。この状態で二重の手術をすると眉毛の位置は自然に下がってきます。ですから手術をするときは当然このことを考えたうえでどのくらいの二重の幅にするかをデザインします。ただこれが言うほど簡単ではありません。思いのほか下がら...

二重切開法について

17.06.15

最近思うのは、一重の人と二重の人の睫毛の付け根のところの違いです。一重のまぶたは基本的に睫毛の付け根が皮膚で覆い隠されています。こういう瞼に埋没法をすると、睫毛の付け根が見えない二重になります。一方二重の人のまぶたは基本的に、睫毛の付け根が見えています。ですから睫毛の付け根が隠れている二重は非常に奇異です。そこまで気にしていない人が多いかもしれませんが。カウンセリングでそのことを指摘すると、たいていの人は睫毛のつけのが見える方がいいと言います。何故か。付け根を覆っている皮膚が睫毛を下に押し下げてしまうからで...

プレミアムPRPについて

16.06.01

PRPという名前をきいたことがありますか?Platelet Rich Plasma の頭文字をとったものです。多血小板血漿というものです。簡単に言うと、血液の中から赤血球や白血球を取り除いて、血小板を多く含んだ血漿(水分)のことです。血小板には止血作用のほかに組織を修復する作用、コラーゲンを作る作用があります。このPRPに少量の成長因子(b-FGF)というものを加えて注入するという方法があります。何のための方法かというと、組織のボリュームを増やすためのものです。わかりやすく言うと、従来ヒアルロン酸を使ったり...

広い二重の幅について

16.05.05

二重の人でも幅を広げてほしいと希望する人はたくさんいます。特に若い人は幅を広くしたいようです。幅を広げるには二つの方法があります。一つ目は二重の線(皮膚が折れるライン)を上にずらす方法です。多くの人がアイプチでしている方法です。埋没や部分切開の手術ではこれをやります。もう一つはそのラインから折れ重なってくる皮膚を切除する方法です。日本人の二重は上瞼の皮膚の折れ重なりですから、重なってくる皮膚を切除すれば二重の幅は広くなります。埋没や部分切開では皮膚を切除できませんから、全切開の手術のみがこれができることにな...

近隣のクリニック

  1. 神田美容外科形成外科医院

    東京都千代田区

    神田美容外科形成外科医院
    〒101-0044
    東京都千代田区鍛冶町2-7-2後藤ビル 7F
    電話番号/03-3257-0111
  2. 志保日比谷皮フ科クリニック

    東京都千代田区

    志保日比谷皮フ科クリニック
    〒100-0011
    東京都千代田区内幸町2-2-1日本プレスセンタービルB1
    電話番号/03-3580-6655
  3. 秋葉原スキンクリニック

    東京都千代田区

    秋葉原スキンクリニック
    〒101-0025
    東京都千代田区神田佐久間町2-11-1ヴェルス秋葉原2F
    電話番号/03-5833-1212

まだご登録されていないクリニック様へ

ヒアルロン酸をお取り扱いのクリニック様は無料でご登録いただけます。
ご登録を希望のクリニック様は、登録フォームよりお申し込みください。

  • ザ・クリニック マイクロCRF

コンテンツ

  • 症例ギャラリー
    症例ギャラリー
    ヒアルロン酸注入の症例を紹介しています。症例から施術クリニックを選ぶこともできます
  • ヒアルロン酸注入とは
    ヒアルロン酸注入とは
    意外と知らないヒアルロン酸。メカニズム、歴史から基礎知識まで、これだけで理解できます!
  • クリニック検索
    クリニック検索
    全国のヒアルロン酸を扱うクリニックを、都道府県や市町村から検索できます
  • ヒアルロン酸メーカー比較
    ヒアルロン酸メーカー比較
    ヒアルロン酸にはメーカーある事は知っていましたか?各種ヒアルロン酸のメーカーを紹介しています
  • ヒアルロン酸注入・注射

    ヒアルロン酸は人間の体内、特に皮膚や関節に多く含まれている成分です。真皮層のコラーゲン組織を保つ働きがあり、肌のプルプル感、滑らかさ、柔らかなハリや弾力などを保つのに役立っています。

    現在、注入剤として開発されているヒアルロン酸は、サラサラではなく粘性のあるゲル状で、形を保つ性質(架橋性)に優れています。このヒアルロン酸を細い針でお肌の気になる部分に注入・注射すると、皮膚の内側からふっくらとハリを持たせ、しばらくそのままの形をキープできるのです。

    例えば眉間にできてしまった深いシワや、口の脇の溝(鼻唇溝)。これら"老け顔"の原因を、お買い物の途中やお勤め帰りに5~10分のヒアルロン酸注入・注射で解消することができます。

    ヒアルロン酸注入剤の種類にもよりますが、効果は3カ月~1年間持続し、徐々に体内に吸収されていきます。またヒアルロン酸注入・注射なら、年月を経るごとに変化していく顔の表情や肌の状態に合わせて、その都度最適な治療を施すことができます。